槙原寛己(完全試合男)をリスペクトするブログ

中年野球ファンによる主観と妄想だらけの野球ブログです(笑)

オリックスの宮内オーナーは、持論のセカンド出身監督最強説をどうするんだろう?

こんにちは。さやまっちです。

今回のテーマは、

「オリックスの宮内オーナーは、持論のセカンド出身監督最強説をどうするんだろう?」

です。

オリックス野球クラブの人事異動(笑)

西村徳文一軍監督が辞任、

中嶋聡二軍監督が一軍監督代行に就任、

その他、多数のコーチの一軍二軍の入れ替え

が、行われました。

キャッチャー出身の監督?

中嶋聡は、日本ハムに長年在籍していましたが、元々はオリックスのレギュラー捕手だったので、一般的には、ふつうのことのように思われますが、さやまっちは、とても驚きました。

なぜかというと、オリックスの宮内オーナーは、

「セカンド出身監督最強説」

を持論としているからです。

セカンド出身監督最強説

オリックスの宮内オーナーは、阪急から球団を買ったあと、

最初の二年間は、阪急時代の上田監督をそのまま監督に起用しました。

そして、上田監督のあと、最初に自分で選んだ監督が、

V9時代の巨人のセカンドだった土井正三でした。

 

当時、選んだ理由を聞かれた宮内オーナーの回答は、

「歴代最強の監督は三原監督」

「三原監督の現役時代のポジションはセカンド」

「だからセカンド出身の監督が最強」

「強いチームのセカンドだとさらにいい」

って感じだったと思います。

 

この論理からすると、たしかに土井正三は適任ってことになると思いますが、

結果は芳しいものではありませんでした。

(今、あらためて、土井監督時代の成績を確認すると、

 三年連続三位なので、今のオリックスなら上出来ってことに

 なると思いますが(笑)、当時のオリックスだと普通って感じです。

 イチローを冷遇した印象が強いから、土井監督の印象は、

 どうしてもアレだけど、冷静に考えてみると、

 当時は、イチローもまだ鈴木(一)だったし(笑)、仕方なかったのかな)

仰木彬監督がセカンド出身監督最強説を証明!

土井監督のあと、宮内オーナーは、仰木彬監督を起用しました。

仰木監督は、現役時代、三原監督の西鉄黄金時代のセカンドだったので、

宮内オーナーの理論からすると、これ以上の適任者はいません。

そして、仰木監督は、1996年に、日本一になり、

宮内オーナーのセカンド出身監督最強説を証明しました(笑)

日本一から24年経った現在の宮内オーナーと福良GMの会話の妄想(笑)

以下は、さやまっちの大好きな妄想です(笑)

(オ=宮内オーナー、G=福良GM)

オ:「西村クンはセカンド出身なのにダメだったね、キミと同じで(笑)」

G:「そうですね(笑)」

オ:「次は、どうすんの」

G:「中嶋にしたいと思います」

オ:「中嶋?アイツは、今、巨人だろ、ウチにいたときのコスパ最悪だったし」

G:「違いますよ。中嶋聡ですよ」

オ:「昔、FAで西武に行った奴か」

G:「そうです」

オ:「アイツ、嫌いなんだよ。いつまでも日ハムで最後の阪急の選手とかいって

   現役やってただろ。こっちが阪急色消すためにブルーサンダーとか言ってた

   のに」

G:「ブルーサンダー打線、懐かしいですね」

オ:「あの頃は、よく打ったよな。そういえば、キミもいたっけ」

G:「ボクが2番で、中嶋は8番?が多かったかな」

オ:「そうだったね。君たち二人以外がよく打ったね(笑)

   ところで、なんで、中嶋監督がいいと思うの?」

G:「今、2軍でトップなんですよ」

オ:「サーパス?今の2軍には契約金払ってんだから、それぐらいは

   やってもらわないとね。ところで、今、田口を監督にしたら

   優勝できそう?」

G:「難しいと思います。選手のポテンシャルは有るんですけど」

オ:「そうだよな。ポテンシャルっていうか、ポテンヒットくらいしか

   今の打線は打てないもんな。中嶋レベルの選手が多いし。

   よし、わかった。しばらく、中嶋監督代行でいいや。

   田口に泥かぶせたくないしな。田口監督のときには、イチローも

   バッティングコーチで呼びたいし。

   ただ、もし、西武の辻クンが辞めたら、すぐ、中嶋からスイッチ

   してくれよ」

G:「まだ、セカンドにこだわるんですか」

オ:「そうだよ。キミに監督頼んだとき、辻クンにしとけばよかった(笑)」