槙原寛己(完全試合男)をリスペクトするブログ

中年野球ファンによる主観と妄想だらけの野球ブログです(笑)

佐々木朗希(ロッテ)は令和の槙原寛己(完全試合男)である(笑)

こんにちは。さやまっちです。

今回のテーマは、

「佐々木朗希(ロッテ)は令和の槙原寛己(完全試合男)である(笑)」

です。

「バックスクリーン3連発をくらった槙原なんかと、佐々木朗希を一緒にすんなよー」って、ブーイングが出てるとは思いますが、気にせず本文に入りたいと思います(笑)

佐々木朗希(ロッテ)は令和の槙原寛己(完全試合男)である(笑)理由その1

理由その1は、

「佐々木朗希を最初に見たとき、さやまっちのアタマに槙原寛己が浮かんだから(笑)」

です。

「普通は、大谷翔平かダルビッシュ有だろー」

って、ツッコミが入っているとは思うのですが、大谷翔平とダルビッシュ有がアタマに浮かんだのは、2番目3番目で、真っ先にアタマに浮かんだのは槙原寛己でした(笑)

なぜ、槙原寛己が最初に浮かんだのかは、さやまっち本人の妄想癖などではなく(笑)、

高校時代の槙原寛己が佐々木朗希と同じように、

「プロも含めた球界最速レベルの高校生投手」

だったからです。

「槙原って、そんなに速かったの?」

って、若手の野球ファンの方は、びっくりするかもしれませんが、

当時(1981年)は、プロでも小松辰雄(中日)くらいしか150キロを出せなかったのに(江川卓も調子いいときは出てたかも)、

「150キロ右腕!大府(愛知)槙原」

っていう春のセンバツの展望記事が、あったような気がするくらい槙原寛己は速かったです。

なので、論理的に考えても、

「佐々木朗希は令和の槙原寛己である」

と言えると思います(無理筋な論理だけど(笑))

佐々木朗希(ロッテ)は令和の槙原寛己(完全試合男)である(笑)理由その2

理由その2は、

「背番号」

です。

さやまっちは、佐々木朗希の入団前から、佐々木の背番号は槙原と同じ「17」になるんじゃないかなと思っていたのですが、予想どおり「17」になりました(笑)

槙原寛己は、入団から数年間は「54」だったのですが、ロッテの「54」は、黒木知宏の色が強すぎるので、最初から「17」で良かったと思います。

ということで、

「佐々木朗希は、令和の槙原寛己である」

と、ロッテオリオンズも背番号で認定してくれました(笑)(オリオンズ・・・(笑))

佐々木朗希(ロッテ)は令和の槙原寛己(完全試合男)である(笑)理由その3

理由その3は、

「佐々木朗希(ロッテ)が完全試合をしそうな気がするから」

です。

平成の約30年間で、完全試合を達成したのは槙原寛己ただ一人だったわけですが、令和の時代に完全試合を一番達成しそうなのは、佐々木朗希だと思います。

完全試合を達成するには、ノーヒットノーランと違って、制球力が必要になってくると思うのですが、佐々木は槙原に似て、速球派のわりにはコントロールがまあまあ良さそうなので、完全試合を達成できそうな気がします。

従って、将来、佐々木朗希が完全試合を達成し、文字どおり

「佐々木朗希(ロッテ)は令和の槙原寛己(完全試合男)である」

と、言われるようになると思います。

さやまっち独断リスペクト指数(笑)

このブログでは、

「さやまっち独断リスペクト指数(笑)」

というものを「さやまっちアルゴリズム」に基づいて算出していきたいと思います(笑)

まずは、槙原寛己から算出したいと思います。

「槙原寛己 100」

です(笑)

ちなみに、「さやまっち独断リスペクト指数(笑)」は満点が100です。

次は、佐々木朗希です。

「佐々木朗希 90(暫定)」

です。

佐々木朗希のポテンシャルは、間違いなく100なのですが、現時点では暫定90です。将来、完全試合を達成したときに、100にしたいと思います。

以上、さやまっちでした!